前記事:〜卵子の質を上げよう〜

卵巣の血管は毛細血管ほどの細い血管で、1番血流が悪くなりやすい臓器です。


また、骨盤内には、子宮・卵巣の他に、
腸や膀胱などがぎゅうぎゅうに詰まっていて、
子宮・卵巣が圧迫されるので、血流が届きにくいのです。

その上、驚くことに、子宮・卵巣は、
人間の生命維持に必要な臓器ではありません。


例えば、便秘、下痢などがあると
腸への血流が優先され、
子宮・卵巣へ血流がまわってきません。

すると、ホルモンや栄養が子宮・卵巣へ届かず、
卵胞も十分に育たなくなってしまいます。

当院では、卵巣の血流を良くするために
温熱療法(温熱器・ラジオ波)をお腹と背中の両方に行っています。

「なぜお腹を温めるだけじゃダメなんですか?」

実は、背中と卵巣にも深い関わりがあるんです!

次回は、そのことについてお伝えします!